赤ちゃんの子育てとウォーターサーバー 5年スパンで考えた時に見るポイント

生活環境や家族構成など関係なくメリットとなる点はウォーター サーバー利点のすべてにまとめています。ウォーターサーバーが意外なところで活躍しているのをしっていますか。赤ちゃんの子育てにつかうママが多いのです。妊娠した後に考えることはまずは無事に生む為に健康面を気づかって栄養をしっかりとることです。生まれた後の子育てはその次ですが、生まれた後の子育てで毎日することといえばなんでしょうか。おむつの着せ替え、お風呂、ミルクを与えるといったことでしょう。

その中のミルクを与えるで、粉ミルクを使う時にウォーターサーバーが活躍しているのです。

赤ちゃんのミルクニウォーターサーバーがよいのはいくつか理由があります。まずお腹がすいたよと泣き叫ぶ赤ちゃんにヤカンでお湯を沸かしミルクをつくるのと、ウォーターサーバーでミルクをつくるのでは早さが違います。5~10分くらいの差は出ます。だから泣き始めてなるべく早くミルクを赤ちゃんに与えることが出来ます。

新生児用に人気のウォーターサーバーは軟水であれば通常と変わりは無い

新生児用のウォーターサーバーはどれがよいのか。悩むところです。自分のことは即決できるタイプだったのに赤ちゃん用のものになると即決できず時間をかけて悩む人もいます。ネットで情報を探していると必ず見つかる事ですがウォーターサーバーと粉ミルクの問題に辿りつくでしょう。ウォーターサーバーのお湯が危険なのかどうかという話ですね。

これはなんにであれば基本的に問題ないと思います。硬水だと粉ミルクでしっかりととっているミネラルに加え多くのミネラルをとってしまうことになるので危険と言う事です。大人でさえ、一日に摂る量のミネラルは一部限度があるのにまだ生まれたての赤ちゃんがたっぷりのミネラルをとってしまったら処理しきれませんので。

そういった意味合いで硬水は避けましょう。ウォーターサーバーの水はほとんどが軟水ですからそこまで気にしなくてもよいのですが、購入する時は水の中に含まれているミネラルと硬度を確認してください。硬度は0に近くなればなるほどミネラルが含まれていません。60以下が軟水の定義としては主流です。ウォーターサーバーは赤ちゃんのミルクだけ作るために購入やレンタルをするものではないので、この軟水の基準を抑えてさえいれば問題ない訳で、大人の嗜好も取り入れたほうが良いと思います。

なぜなら、ウォーターサーバーは最低でも2年くらいは契約があるためです。赤ちゃんも2歳になればミルク自体卒業していることも多いでしょう。そんな時に赤ちゃん専用のウォーターサーバーを使い続けるのは何か違うとなると思いますし。

2歳以降のイタズラ防止を考慮したウォーターサーバーを選ぶ

そう考えていくと、赤ちゃんを卒業した後の事も考慮しておくと考えることに時間をさかなくて済むので良いと思います。3歳4歳などになってくると立派に立ち歩きして色んな物に興味を示してくる時期です。親が触るものには得に何それと真似してさわってきますよね。

ウォーターサーバーと小さなお子さんの問題点としては熱湯で火傷などをしないためにイタズラ防止をしているが、毎年少なからず事故が起きてしまっていることです。これらはあまり表にでてこない情報ですが、ウォーターサーバー各社が最善の策を用意しているのを使わず事故につながると言うケースもありそうな気がします。これにかんしては事実が不透明でわからないという面があります。

チャイルドロックについては、義務的な形でほぼすべてのメーカーがとりつけています。しかし、それだけでは不十分ということが証明されています。とある組織がお湯の入っていない状態のウォーターサーバーを不特定多数のお子さんにチャイルドロックを解除できるかという実験を行ったことがあるそうです。それでいくつか解除されてしまったようなんですよね。

だから、そういった実験結果を元にウォーターサーバーは改良が加えられています。今では2重のロック機能がついているウォーターサーバーも増えてきています。仕組みとしては、表面上でのロックではなくサーバー内部に取り付けられたロック機能が流行っているようです。また、チャイルドロックをした上にカバーを取り付け触れない様にする等のメーカーもあります。軟水であることを確認した後はこのチャイルドロックが2重になっているかを是非確認してください。

COPYRIGHT© ウォーターサーバー利点のすべて ALL RIGHTS RESERVED.